タグ別アーカイブ: うお座

pisces-1

UMEBOSHI★ONIGIRI TAROT URANAI? -2016 PISCES-

こんにちは。夕佳です。このコラムの名の由来はこちらを御覧ください。

2月19日午後2時半ごろ、太陽は水瓶座から魚座へ。

今回のテーマは魚座です。

水瓶座というのは、社会がよりよくなるために意識的に常識をぶち壊すのに対して、魚座は、無意識に非常識なことをしてしまっている星座かもしれません。悪気はなく、その愛嬌でもって許される場合も多々あり、ときとして、憎たらしいと思われることもあるようです。先日、太陽星座 水瓶座の方とお話していて、そんなことを思いました。

魚座は、非常に成熟した部分と、子どものように無邪気な部分を持っていると言われています。この星座は、リボンで結ばれた二匹の魚をかたどったもので、一匹は美の女神アフロディテ、一匹はその子エロスとする神話もあります。大人と子どもが同居する星座。この子どものような純粋さや無邪気さが、気付けば、「非常識」とされる行為におよばせるということもあるのかもしれませんが、そういった二面性を意識しているのかしていないのか、魚座の人(魚座が重きを持つ出生図を持った人)は、その成熟した部分をうまく使って、無邪気さをコントロールしておられるようにも見えます。

魚座の季節は、水瓶座の、寒く凍りつくような静かな静かな季節から、植物が芽吹き、動物たちが冬眠から目覚める、動きに満ちた牡羊座の季節へと移行していく季節です。生命が、まるで死にたえたように見える季節を経て、また再生するかのような季節。

魚座は、「つかみどころがない」「浮世離れしている」と、言われますが、死のように深い眠りから徐々に目覚めて、まどろみながら夢を見ているような状態なのです。「つかみどころがない」のも「浮世離れしている」のも、当然のことなのかもしれません。

先日、デイヴィット・クローネンバーグの太陽星座が魚座と知り、意識しながら、彼の映画を立て続けに見ましたが、非常に「怖い」映画で、非常に「気持ちの悪い」映画であるにも関わらず、さらっとしていて、それが、非常に不思議でした。

魚座の「真剣なのか、真剣でないのかよくわからない、つかみどころのなさ」は、クローネンバーグの作品にも表れているように思います。それは、映す対象からある一定の距離を置いているような印象を受けるからでしょうか。世界観は強烈であるにも関わらず、どこかさめたような印象。

彼の映画に出てくる人々は、人間からハエになったり(『ザ・フライ』)、幻想の世界と現実の世界を行き来したり(『裸のランチ』、『ビデオドローム』)します。

ビデオドローム

自分の肉体の存在も精神の存在も曖昧で、一体何が本当なのか、「現実」とは何なのか考えさせられます。魚座は境界を越える星座とも言われますが、クローネンバーグの作品には、どういった世界に属しているのか非常に曖昧な人々が多く出てきます。映画を見ながら、「どの世界が「現実」なのだろう?」と、何度も考えました。

しかし、魚座の世界は、「死」から「生」へと移ろいゆく世界です。死んでいるのかも、生きているのかもわからない世界。枯れたように見える植物も、根は生きており、春になるのを待っている季節。

死んでいるようで、生きている世界。

そんな世界の人の作品に対して、「どの世界が「現実」なのだろう?」などという問いは、ナンセンスなように感じます。

クローネンバーグは、まるで悪夢のような「非日常的」で「非現実的」な世界を描く人ですが、彼の撮影現場はなかなか楽しい現場のようです。そして、彼は日常生活と同じレベルで撮影をすると言っているのだそうです。(『銀星倶楽部』16 より)

彼の映画に対して私が抱いた「さらっとしている」という印象は、「日常生活と同じレベルで撮影」ということとも関わっているのかもしれません。彼は「日常」と「非日常」、「現実」と「非現実」の境界を、それほどはっきりしたものだとは考えていないかもしれません。

「ぼくらが受けとめている現実は、〈絶対〉という言葉からはほど遠い。実のところ、非常に多様で、形を変える実在だ。」(『銀星倶楽部』16 より)

魚座の世界は「なんでもあり」です。どの「現実」も現実。もしかしたら、「現実ではない」と思っていたものも現実かもしれない。

それが、魚座の世界。

たとえ、苦悩があったとしても、成熟した精神や知性と、無邪気な感性でもって、そういった「曖昧な」世界を楽しむことができる。だからこその楽しい撮影現場なのかなと考えると、クローネンバーグは理想的な魚座と言えそうです。

さて、あなたがカードの聞きたいことを心に思い浮かべて、6枚の中から1枚選んでください。直感で、好きな絵柄で、または、何か引っかかりを感じるものを選んでみてください。

20160219

★占い★

少しルールをお話しすると、先ほどもお話しましたが、今回のテーマは魚座です。この星座に関連したカード6枚を選んでいます。この星座に太陽が位置する期間は、今年は、2月19日午後2時半ごろから3月20日午後1時半ごろまで。

次回は、魚座から牡羊座に太陽が移る少し前に更新する予定です。そして、カードも牡羊座に関連するもの。毎回、その時期の星座に関係したカードが登場します。