info@rocca-room.com のすべての投稿

よしのふとし プロフィール




よしのふとし Futoshi Yoshino 冠光寺眞法 東京道場所属 紫師範,愛魂セラピスト,自分プレゼンター,意識ナビゲーター,ワンドロップ聖歌隊,冠光寺流輪の風接骨院 院長

物理学者 保江邦夫に、2012年から師事する。2016/12/21を機に「わたし」この感覚の不思議を明確に把握する。BOKUになったので、神と人の関係を紐解く。幼少期に人を笑わせたときのトキメキが、いまの自分の発生点だと、今年になり思い出した。現在は、楽しさと真実を共有できるワークショップやセッション、トークショーを展開している。セッション実績は1万人。1964年生。

Blog: 葛藤の美学から、愛と調和の美しさへ

UMEBOSHI★ONIGIRI TAROT URANAI? -2016 GEMINI-

こんにちは。夕佳です。このコラムの名の由来はこちらを御覧ください。

5月20日午後11時40分ごろ、太陽は牡牛座から双子座へ。

そして、今回のテーマは双子座です。

日本だと、双子座の季節というのは、さわやかな5月晴れの続く毎日から、梅雨へと移り変わっていく季節です。梅雨の時期は、うっとおしくもありますが、冬の雨と違い、暖かい雨で、緑をぬらす美しい雨でもあります。明るい日差しのなかで降るそれは、暗い冬のものとは異なる趣を見せてくれることでしょう。雨が降ったとしても、明るい季節、それが双子座の季節です。

双子座は、風に分類される星座で、男性星座です。風は思考やコミュニケーションを担当しており、双子座も頭の回転の速く、コミュニケーション能力が高いという特徴があります。また、男性星座ですから、受身ではなく能動的です。快活で行動的、いろんな人とどんどん仲良くなっていける星座といえるでしょう。

出生図において、双子座が重要な位置にしめる人は上記のような特徴があると言われています。

また、それだけ活動的に動き回れるというのがあだとなり、どんどん落ち着きがなくなり、神経を使いすぎて過敏になる場合もあると言われています。

フットワークが軽く、同時に複数のことをこなせるような能力の高さが、かえって本人を苦しめることにもなりかねない場合があるのです。ですから、動けても休むようにする、あえて静かな環境に身を置くというのも、双子座が出生図において重きを持つ人には大切なことと言えるでしょう。

双子座を太陽星座に持つ映画監督で、今回少しお話に出すのはクリント・イーストウッドです。

UMEONI2016双子座画像

彼は、俳優でデビューしましたが、映画監督もつとめる人。双子座の特徴でもある、「複数のことを同時にできる人」なのですね。映画監督をつとめながら、自分自身が出演している作品も多くあります。『許されざる者』、『ミリオンダラー・ベイビー』、『グラン・トリノ』などなど。

また、こちら2本では監督のみですが、『父親たちの星条旗』・『硫黄島からの手紙』では、アメリカからの視点、日本からの視点という二つの視点から、硫黄島での戦いを描きました。

(先日、この『父親たちの星条旗』でテーマとなった写真に関する新たな話題が出ていましたね。http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160518-00508384-shincho-int)※外部サイトへ

こういった二つからの視点というもの双子座らしい点と言えるでしょう。

また、重い社会的なテーマを扱いながらも、重苦しい気持ちだけで終わらせないのも、風の星座である双子座らしさなのかもしれないと感じます。必要以上に感情に溺れない点が、観る側である私にそういった印象を与えるのかもしれません。

そして、イーストウッドの撮る映画の内容を見てもわかりますが、双子座(出生図において双子座という星座が重きを持つ人々)が、一見、快活に見えるからといって、シリアスな面がないとは言えないということ。

彼らに重苦しい雰囲気をあまり感じないのは、理性的だからかもしれません。感情に溺れてしまう前に、そのコミュニケーション能力でもって、相手に誤解がないか確かめるのかもしれません。また、自分の感情を分析して観察してから、表現しているのかもしれません。それと同時に、さらっとして見える彼らは、周りの人間が思っている以上に、考えに考えている可能性があります。

先にも書きましたが、双子座(出生図において双子座という星座が重きを持つ人々)は、神経を病みやすい星座とも言われています。器用であるがゆえの悩みかもしれません。本人が思っている以上に、器用で、動けるだけに少し心配になるときがあります。周りの人もときに気遣ってあげてもよいかもしれません。友人や家族にそういった人がいて、ついつい動いてしまう様子を見ていたら。基本、賢い人たちですから、大丈夫だとは思いますが、心配になったときは、「今日は休んでいいんじゃない?」と、一声かけてあげてもよいかもしれませんね。

さて、あなたがカードの聞きたいことを心に思い浮かべて、6枚の中から1枚選んでください。直感で、好きな絵柄で、または、何か引っかかりを感じるものを選んでみてください。

160521

★占い★

少しルールをお話しすると、先ほどもお話しましたが、今回のテーマは双子座です。この星座に関連したカード6枚を選んでいます。この星座に太陽が位置する期間は、今年は、5月20日午後11時40分ごろから6月21日朝7時30分すぎまで。

次回は、双子座から蟹座に太陽が移る少し前に更新する予定です。そして、カードも蟹座に関連するもの。毎回、その時期の星座に関係したカードが登場します。

yuuka image

UMEBOSHI★ONIGIRI TAROT URANAI? -2016 Taurus-

こんにちは。夕佳です。このコラムの名の由来はこちらを御覧ください。

4月20日午前0時半ごろ、太陽は牡羊座から牡牛座へ。

今回のテーマは牡牛座です。

前回の牡羊座には、まるで生まれたての赤ちゃんのようなイメージがありましたが、今回の牡牛座は、その赤ちゃんが、生まれて出てきたこの世界を理解するために、自分の周りのものを触ったり、または口に入れて味わったりする様子のようなイメージの星座です。

牡牛座は感覚を重んじる星座です。

出生図において、牡牛座が重きを持つ方には、この感覚、五感に敏感で、それを生かした仕事につくとも言われています。布を使うお仕事である服飾デザイナーさんや、土をこねて器を作る陶芸家、舌もこえていますから飲食関係もよいでしょう。職人さん向きとも言われています。

牡牛座の季節は、冬から春になり一気に草木が芽を出し花が咲くといった勢いのある牡羊座の季節に比べると落ち着いていて、この緑あふれる世界に私自身慣れてきたねという季節。

勢いよく緑が芽吹く季節である牡羊座が活動宮と分類されるのに対して、牡牛座の安定感ある緑の季節は固定宮と分類されます。牡羊座は行動したり、新しいことを始めるのは得意で、継続するのは苦手とされています。赤ちゃんがお母さんのお腹の中から出てくるのは、この世界で生きる「始まり」です。それはとても行動的といえるのかもしれません。そして、生まれてきた赤ちゃんは少しずつ世界に触れ、世界を理解していきます。忍耐強く、世界と接触し続けなければ、未知の世界を理解することできないでしょう。牡牛座は忍耐強く、継続が得意と言われています。また、マイペースな星座とも言われているのですが、赤ちゃんが自分のペースで着実に理解を深めていく様子を連想しました。もちろん環境に左右される部分もあるでしょうが、いろんな赤ちゃんがいて、それぞれのペースで世界を知っていくのでしょう。

あらゆる情報をキャッチして、世界を知っていく赤ちゃんの姿は、牡牛座が女性星座に分類されることともつながりを感じさせます。男性星座が自ら何かを発していくのに対して、女性星座は受け取ったものをどう扱うかがテーマです。自分のまわりに広がる世界の怒涛のようにあふれる情報をキャッチし、咀嚼し、自分のものにしようとする赤ちゃんの姿。

ところで、毎回、その星座を太陽星座に持つ映画監督の話を少し挟みますが、今回はラース・フォン・トリアーを選んでみました。彼の映画は、決して幼稚であったり、易しい映画ではありませんが、そこから発せられるメッセージは非常にシンプル。わかりにくそうで、わかりやすい。

彼の映画に出てくる人物は、世界に「慣れて」いないように感じます。まるで、世界に触れ、驚いたり動揺する赤ちゃんのよう。人が世界に慣れることなどあるのだろうかと、彼の映画を見ていると思います。彼の映画に出てくる人物は、むきだしで、体当たりして、世界と触れ合う。そして、傷ついたり、喜びを感じたりする。彼の映画に描かれる世界は醜く、汚い。そこで主人公は、信じては裏切られ傷つく、それの繰り返し。ただそんな絶望的な状況であっても、世界に挑む人間の強さや生命力、崇高な美しさも感じさせます。

先日、彼の作品で観たのは『ニンフォマニアック』。

派手なアクションがあるわけでないのですが、4時間弱という長さを感じさせず、わくわくしながら一気に見ることができました。内容は、色情欲を自認する主人公ジョーの口から語られる彼女の半生を描いた物語。その半生の物語は彼女のセックス遍歴の物語でもあるわけですが、彼女はセックスという形で人に触れながら、世界に触れていく、そして、彼女の人生はそれに影響され、翻弄され、時に迷い、自分を責めながら、自分なりのやり方で生きる力強い姿には非常に感動させられました。非常にハードな人生。見方によっては悲惨な人生かもしれませんが、ジョーの感傷を嫌う性格が「悲惨」などという甘い言葉で形容することを許さないような雰囲気。私にはとても痛快な映画でした。

IMG_2973

牡牛座という星座は、決して小器用というイメージはありません。

しかし、『ニンフォマニアック』のジョーのように、その知識、知恵は、本の中の絵空事ではなく、一見不器用なやり方に見えたとしても、自分の体で実際感じ、学んだことを身に付けたものであり、リアルでゆるぎないもの。体で感じて学んでいく星座ですから、傷付くことも多いかもしれません。が、そういったところを人に見せることもなく、傷を抱えながら、その傷をゆっくり自分でケアしながら、しかし、その傷から得るものを貪欲に得ようとするたくましさをもって星座、それが牡牛座です。

さて、あなたがカードの聞きたいことを心に思い浮かべて、6枚の中から1枚選んでください。直感で、好きな絵柄で、または、何か引っかかりを感じるものを選んでみてください。

★占い★

少しルールをお話しすると、先ほどもお話しましたが、今回のテーマは牡牛座です。この星座に関連したカード6枚を選んでいます。この星座に太陽が位置する期間は、今年は、4月20日午前0時半ごろから5月20日午後11時40分ごろまで。

次回は、魚座から牡羊座に太陽が移る少し前に更新する予定です。そして、カードも牡羊座に関連するもの。毎回、その時期の星座に関係したカードが登場します。

1.ペレと つながった日 -3-

ハワイでのスピリチュアルツアーの三日目。

参加者さま同志でも、スタッフとみなさまとも仲間意識が芽生えドンドンと有意義で伸びやかな流れができていきました。そんな空気の中、人気店で朝食をいただき、ペレの椅子に向かいました。

当初予定では、初日のホノルル空港から直接向かうスケジュールでしたが、工事などが行われていた為、三日目に変更となりました。前日のワークショップで『女神ペレにつながる瞑想ワーク』も事前に行われた為、満を持しての来訪となり、幾分かバスの中も高揚感と期待に満ちていたように思います。

車中から遠くにペレの椅子がチョコンと見え出して、いよいよバスを下車。 トレイルの足元は決してよくない状態でしたが、皆で歩きやすいところを探しながらワイワイと進んでいきました。

私はハイライトだ!と思い、走り回りながら写真を撮っていました。みんなの様子、近づいてくるペレの椅子。自分もとても楽しみながら、盛り上がっていました。

海岸際までくると、渚で団欒をしている人もいて、とても和やかな雰囲気。曇っていますが雨がふる感じではない。

まず、ペレの椅子の下方にあたる、波打ち際の砂浜にある『フラットな石舞台』で、女神ペレにご挨拶してから、上に登り、ペレの椅子に触れることのなりました。並木先生が順番に皆をナビゲートしてくれます。石舞台には大体、4・5名ずつあがり、ご挨拶をして、ペレに繋がりを求めて、舞台を降りる。

『せんせい、私もやっていいかな?(小声で)』

『もちろんです、もちろんです』

ありがとうございます。並木先生、みなさま。

スタッフなので、ちょっと躊躇したのですが、ペレにはとても惹かれるものがあったのでお願いしてみたらご快諾いただいたので、ワークに参加させていただきました。みなさんの最後に、石舞台に上がり、ペレへの感謝とともにご挨拶をして目を閉じると、同時に、

ギュルギュルギュルと紅い螺旋の炎で燃やされる様なイメージが明快に浮かびました。普段は瞑想中もそこまで鮮やかに見えることはあまりないタイプ。色味もマゼンダがかった鮮やかな赤で、下から上に焼き尽くされるような感じがしました。温度としての熱さはないのだけど、炎に包まれました。

すごい!女神ペレ! なにかとても強いパワーを感じます。

そこから草づたいに直上して、ペレの椅子に到着。ちょっとした急登です。でもほんの5分ほど。

これが写真でみてきた、ペレの椅子か〜。

それぞれにペレの椅子の造形と海と風景を楽しみながら、断崖上方にあたる『椅子』らしいカタチの場所へ一人ずつ、願いを込めて近づいていきます。

私たちは、並木先生の指導のもと『要らないもの』を明確にして、願いました。

わたしの要らないものは『古くから使ってきた、低くて重いバイブレーション』の手放しを請いました。なにか、そう思いついたので。そういったものは全部いりません。(でも、生きていくには必要で、、とかそんな世界からは飛び立つぞ位の気持ち)で、ペレにお願いしました。

最近はやっていなかったのですが、ロッククライミングをやっているのに、なにかとても不安な感じがしたのを覚えています。手放すのが嫌だったのではないかと思います。

祈りの場所にたどり着き、ペレの椅子に跪くような気持ちで、ペトっとくっ付いて『怒りや嫉妬、不安などの古くから使い慣れた重いバイブレーションを手放させてください、お願いします』と念じました。

みきちゃんのやり方おもしろいね〜 って言われました、おかあさんにしがみつく、ニホンザルのこどもみたいだったのではないかと思われます(笑)。

続く

 

ひとつ前の話にもどる

最初の話へ