1.ペレと つながった日 -2-

高次の存在とつながること

私が『スピリチュアル』と呼ばれる世界に入ったのは、2013年の夏頃のこと。知人に連れられ、並木先生のワークショップに参加したのがきっかけです。

それより前は大学時代に『バシャール』の本と世界に触れた程度。『バシャール』は紹介してくれた友だちと、とても盛り上がりましたが一過性のもので終わりました。スピリチュアルな世界が、嫌いだとか否定的な観念があった訳ではないのですが、必要に思ったことがなかった様です。

そんな『非スピ』の私が初めて体験させてもらった並木塾=スピリチュアル方面のワークショップ『クリスタルとアトランティスについて』では、感じる系=ヒーリングを実践するものや、数秘術汎論などがあったので、左脳型人間のわたしも入りやすかったのかも知れません。

初参加だったので、先生をはじめ周りの皆さんが気を使ってくださったこともあり、素直に学べました。とても面白かったのを覚えています。

その後、並木先生の『統合』※1のワークショップなど仕事の経緯上もあって、様々な種類のワークショップに参加してきました。自分が気になる人のセミナーやサットサンに積極的に参加しました。しかし、先生がたの『喋っていること』はとても興味深く面白いのですが、『エネルギーワーク・瞑想ワーク』というのがどうもよくわかりません。馴染めないといった方が表現として正しいでしょうか。

例えば、天使と繋がってみましょう。というものが課題であったとします。そこで自分が『ビジュアル系』→別にBUCK-TICKというわけでなくて(笑) だと自負しているにも関わらず(職業がデザイナーなので可視化&表現することは得意)、はっきりと天使の像を捉えられない。声が聞こえてこない。わかってない。わからない。

成果主義の中でしっかりと生きてきたので『なんとなく…』という結果をよしとしていない自分がありました。『白か黒か』はっきりしているものが性分としても好きなのです。

そして『そんなもんかな。わたしニブイし。』と、卑下するわけではなく、ただ、そう感じてました。

また、そんなもんにつながって『はぁよかった♪』とかやってるんなら、統合をすすめて行った方が私に合っていると思ってました。

なのでパワースポットについてもそうです。

パワースポットという霊験あらたかな場所にいくことは吝かではない。山も滝も神社仏閣も大好きです。でもパワースポットということで行ってめぐって どうなんの?どうするの? っていう想いはありました。

『ようわからんけん』←よくわからないから の意(大分弁)

 

そんな不感症の私が、ペレとはつながったんですね、強烈に。

前回にもどる

続く

※1 統合…並木良和 先生が著書の中『ほら起きて!目醒まし時計がなってるよ』の中で説明をしたり、自身のワークショップで実践している、本来の自分を思い出していくプロセス。自分が持っているいらないバイブレーションを掴み、手放していく術をいろいろな方法で教授している

「1.ペレと つながった日 -2-」への2件のフィードバック

コメントは停止中です。